チャゲアス への想い〜ENERGY〜 maki's diary

CHAGE and ASKAに関する出来事や想いを少しずつ更新していければと思っています(*^^*)!

たった一度の人生ならば〜Chageさんシングル🎵〜

  もう、何回聴いたか分からない、

「たった一度の人生ならば」

f:id:CA-maki:20170507231800j:image

 

最初「遠景」としてファンミーティングで

歌った事を知った時から、

間違いなく、素晴らしい曲なんだろうと

リリースを楽しみにしていました。(*^^*)

 

初回限定盤のDVDのインタビューで、

シングルとして考えた時、歌詞中の言葉が入っていたほいたが良いと思い、「遠景」から

「たった一度の人生ならば」に

タイトルを変えた事が語られています。

そして、カップリングである、

「愛すべきばかちんたちへ」こそ、遠い景色で、偶然ではなくまさに必然だったと。

 

また、映画音楽みたいな世界観を作りたかったと話すchageさん。

ASKAさんの「FUKUOKA 」

ニューシネマ・パラダイスを想ってしまいました。

 

今だから歌える、歌わなければならないという気持ちだと話しています。

 

ASKAさんの「FUKUOKA 」も故郷、人生を歌っている。

 

二人が同じ時に、二曲それぞれの楽曲を歌い、リリースした事に、只ならぬ想いを感じています。

 

作詞は松井五郎さん。

equalと同じように、歌詞にchageさんが

メロディーを乗せています。

 

「坂道も 別れ道も 苦しんで 悩んで

ここまで来て 見上げた空は なにを言う」

 

毎日の日常の積み重ねが人生。

些細な出来事も、すべて今の自分に繋がっている。空を見上げ、自分に問う情景が、

映像のように浮かびます。

 

「生きながら  生かされながら

いまがいつかは いずれわかる」

 

「たった一度の人生ならば

めぐるすべてが はじまりなのか」

 

〝生かされる″この言葉は本当に

大切な言葉だと想います。

それは、ASKAさんも常に話している、

「感謝」に繋がるんだろうと。

 

たった一度の人生、すべての出来事、毎日が

はじまりなんだ。1日1日の大切さを

改めて感じさせてくれます。

 

「傷を怖れ 躊躇う自分じゃ

どんな涙もそう  救えないだろう」

 

この言葉もくるなぁ、、。

二人は、色々な事を乗り越え、色々な事を

覚悟しながら、歩いている。

未来、明日への強い想い、意思を

感じます。

 

「笑いながら 泣かされながら

愛がなにかも  いずれわかる」

 

この言葉は、初めて聴いた時から一番胸に来ていました。

すべての感情、想い、、

愛があるからこそなんだと。

楽しい時ばかりではなく、

失ったり、傷つけた時に分かることもある。

繰り返しながら、本当の愛に気づくのかな、、。

 

MVでは、chageさんが、新しい街を目指し歩いている。

途中で、アカペラになり、自然が織りなす音色の中にchageさんの想いが詰まった歌声が。

涙が思わず流れます。

 

chageさんも、特別な

歌い続けていく楽曲が増えたとお話されていますが、私にとっても大切な曲になりました。

 

chageさん、ASKAさんには、

感謝しかありません。

素晴らしい、言葉、メロディーを、

そして、歌声を、、ありがとうございます‼️

 

f:id:CA-maki:20170508210431j:image

 f:id:CA-maki:20170508210504j:image

 

日常=人生

にちじょー=たった一度の人生‼️

 

今日も元気に行って参ります💖

 

皆さん、素敵な1日を、、‼️

(ღˇ◡ˇ)♡