読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャゲアス への想い〜ENERGY〜 maki's diary

CHAGE and ASKAに関する出来事や想いを少しずつ更新していければと思っています(*^^*)!

チャゲアス 安息の日々〜巡る季節〜

  先日、ASKAさんのコメントにも書かせて頂きましたが、ようやく札幌も春の訪れを感じるようになりました。

 

今年の冬は、12月に50年に一度と呼ばれる大雪が降り道産子、運転歴20年の私も、今年は大変でした。

 

   大雪で、園バスが1時間近く遅れる事や、

あちらこちらで埋まり先生方で救出に、、

自主登園になった日も久しぶりにありました。

(泣´Д`)゚゚。

 

そして、私はというと、

ガタガタツルっツルの道路で滑り

二回ほど、雪山につっこみ

フロントバンパーにヒビが、、(^-^;

こんな経験初めて、、!

もう、逆に笑いました。

 (˃᷄ꇴ˂᷅ ૂ๑)

 

そんな札幌も、

大分、雪が溶けてアスファルト

見えるように‼️

日が早く昇るようになり、

温かい風が吹く日も、、‼️

 

厳しい冬だったからこそ、

本当に春の訪れに胸が弾みます。

 

季節は巡る。

 

私はPRIDEの曲から、チャゲアスファンになりました。辛い時、PRIDEを聴き励まされてきましたが、

あと、もう一つ苦しい時に聴いてきた曲があります。

 

「安息の日々」

 

黄昏の騎士のアルバムに入っていますが、

20周年の時リリースされた

VERY BEST ROLL OVER 20TH

のアルバムにも、入っています。

 

 「この空を見あげて 今度こそはと
何度つぶやいてみただろう
春はいつの日も やさしいふりだけで
私の目の前を 過ぎてゆく
ただ流れてゆく 季節の中で
私は何を何を感じて
生きてゆけば 生きてゆけばいいのか」

 

 

音楽を続けて歩いていく

戦い続けていく、

20周年の熱風コンサートのラストに歌われた事もあり、

チャゲアスにとっての、決意表明のように感じていました。

 

「ああ 限りなく風吹けども この道遠けれども

この瞳をあけて  歩けるような

そんな勇気が  そんな勇気が

今は欲しい」

 

また、季節が巡りますが、

どんな時も

瞳をしっかと開けて歩いていきたいと

思わせてくれる大切な曲。

 

 

この冬、年末の辛い出来事やお母様との悲しい別れがありながらも、

Too  many peopleを届けてくれた

ASKAさんにとって、

温かい花を咲かせる季節になって欲しいと心から願います、、‼️

 

 

私も頑張ろう、、✨

(。・ ω<)ゞ

 

皆さんにとって素敵な1日になりますように、、、

ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚💖

 

 f:id:CA-maki:20170318015518j:image