読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャゲアス への想い〜ENERGY〜 maki's diary

CHAGE and ASKAに関する出来事や想いを少しずつ更新していければと思っています(*^^*)!

信じることが楽さ〜Too many people🎵〜

  なぜか懐かしいメロディー。

ASKAさんの歌声とともに、

心が落ち着きます。

 

「潮が満ちるときに  人は泣き声をあげて

   潮が引くときに      人はこの世をさる」

 

潮の満ち引きと生命の誕生。

そこには、月と地球 の見えない引力の力。

様々な偶然、いや、必然で、

私たちは、今ここにいるのだろうか。

不思議さと、奇跡を感じます。

 

ASKAさんが、遠い星を数えながら

尊い命を想っている姿を見が目に浮かぶ。

それは、自分の事だけではなく、

3月11日、この日に繋がっているのだろうと想います。

 

「昨日がきて また明日が来るのさ

    何をなくした」

「どんなに離れても 僕は帰ってくる

   その繰り返し」

 

生きる事は、生命の誕生と同じで、繰り返しなのかもしれない。

その中で、

ASKAさんのは、無くしたもの、

去りゆくものから、

何を得るのかも分っているように思います。

 

だからこそ、

この、Too  many peopleを

届けてくれた。

そして、私は心震わせ聴いています。

 

「悲しみの言葉を 綴る事のないよう

   水たまりを避けながら 生きる事が苦手で」

 

それが、ASKAさんの中にある

正義と温度なんだと思います。

真正面から、

ありたい自分でいるために、

目の前の景色を

歩いているからこそ、、。

 

だからこそ、私たちファンはその姿に

自分の背中までも押されるのだと

思います。

 

「信じている」

でもなく、

「信じたい」

と歌うのではなく、

 

「信じることが楽さ」

 

と歌うのがASKAさん。

 

信じて失敗しても、

決して、相手を責めない。

攻撃したりしない。

 

 

私も

自分の目の前にある景色を

人との温度を大切に、

人を信じて

歩いていきたい。

 

子ども達と向き合っていきたいです。

( ‘́⌣’̀)/♫•*¨*•.¸¸♪

 

 f:id:CA-maki:20170311114358j:image